教室紹介
巽教授の掲示板 致命傷のメカニズム Ai システム 事件の履歴 DNAラボ アクセス

近畿大学医学部法医学教室

住所
〒589-8511
大阪府大阪狭山市大野東377番地の2
名称
近畿大学医学部法医学教室
電話
072-366-0221
内線
事務室3118
FAX
072-366-7222
MAIL
houigaku@med.kindai.ac.jp


教室紹介 - 理念・抱負
法医学を通じての医師育成理念

人間性豊かな、良き医師

良識ある善良なる医師

もちろん、医師としての技量・知識も必要で、また、各科における専門講義も大切であり国家試験に合格するための知識を修得させるということも大切でありますが、医師として、近畿大学の建学の精神及び医学部の5大教育目標に掲げるように人間性豊かな、良き医師像というものを念頭におき、学生教育に力を入れ良識ある善良なる医師育成を願うものあります。

近畿大学医学部教育目標
  • 医師に必要な基礎知識・技能の習得
  • 自ら問題解決する積極的な学習態度の養成
  • 広い学問的視野の育成
  • 奉仕の心と協調精神の涵養
  • 豊かな人間性と高邁な倫理観・責任感の養育
教育に関する抱負

大学設置基準の大網羅化により、一般教養科目と医学専門科目の区分に関する規定が撤廃されて、医学部教育のカリキュラムは各大学においても改革されようとしています。

しかし医学部卒業生のほとんどの者は、臨床科へと進むため、臨床医学を生涯学び実践していきます。
したがって、医学部においてはそこでしか学びえない専門科目の深い知識や科学としての、「医学」というものの考え方を身につけさせるなど、医学に対する動機付けともいうべきものに重点をおいた医学教育がなされるべきだと考えられます。
また、医学部の学生は医学部には医学教育を受けるという目的で入学してきているので医学部では高校教育の繰り返しではなく医学部らしい自由度のある、自主性のある高等な最新医学を求めています。

しかしながら、一般教養基礎科目の軽視ということになれば病気を治す医師にはなれても、病人を治す医師にはなれません
このような医師を1人でも輩出することなく病人を治す医師を育てていきたいと考えています。